読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

練馬区大泉学園町 整体 指圧マッサージ 廣治療院

廣治療院です!からだも こころも 元気に!

大泉学園町の廣治療院です やがて方丈の庵へと・・・

体はひとつ                       廣治療院のホームページはこちら!

なのに 溢れるがごとく                http://hirochiryoin.webnode.jp/

先日の 見るのも嫌になった不要な物は いつ捨てるかという問題は

実は根が深いらしく 

書店には 片づけ 収納 物の捨て方 などなど

いろんな切り口から おんなじ物(ゴミ?)問題の解決法を伝授する本が

コーナーになっていて 

ベストセラー本も少なくないみたいだ

 

買わない人になって久しいので

もっぱら実家に照らして それらを立ち読みしたりするけど

なんかどれも 物の場所をやたら綿密に作ったり 極端に捨て去ったり

感性に頼ったり これだ!というものはない

 

人生の終盤に 物で溢れかえった家で暮らすのは

転倒の危険もあるし なにより 心が安らぐことがないのではないか

と心配しているうちに 

自分一人ではもうどうしようもないくらいの 大量の衣類が

いくつかの部屋に取りあえず収納されている という状態で

何年も過ぎてしまったようだ

 体はひとつなのに!

 

ケガなく無事であれば 良しとする

それしかない

 

人生の終わりにはどこに住んでいるのか

・・・そんなことを考えて生きていくのは 馬鹿らしい

だって明日のことだって はっきりわかる訳じゃないのに

ただ 今日を限りと毎日を懸命に生きる

そのことが尊い

 

そうするためにも 日々身の回りを整理し こざっぱりと暮らしたい

そう思う

思う ということは それがなかなかむずかしくて できてないから

願望となる・・・

救われるのは 物が少ない その一点

 

余計なもの 忘れ去ったもの いつかは使うつもりのもの

物の管理は どんなに頭が良くてもむずかしいのだろう

まして中高年ともなれば・・・

 

始末の躾を受けた世代は 

なかなかものを捨てられない 

最後の最後まで使うのは良いことだが

いつか使う としまい込むのは すぐに忘れられ 

結局はゴミをしまっていることになる

 

方丈記ではないけど 

いつか方丈の庵で 長閑に暮らしたいという希望がある

 

そのために 今できることと言ったら

物を見直して 増やさない 簡素かつ質素に暮らす ということだけ

そこから 鍋炊きご飯も始まった

震災のことも大きかった

 

炊飯ジャーや電子レンジはなくても困らない

まだたくさん なくても支障のないガラクタを持っていると思うけど

それらは

二度と手に入らない 母との思い出の品や

記念のプレゼントや ほんのささやかなものなので捨てる気はない

 

一年はまるで人生みたい

だから秋がくると こういうことを毎年考えているんだろう

この国に はっきりとした四季があり

冬を越すと  

鮮やかな春を迎えられることは 生きがいにもなり得る

 

来年の桜も みんな元気で見ることができたら!!

それだけで しあわせだ

 

あーだ こーだ 言ってないで

とっとと衣替えしなくちゃネ・・・!

 

明日はまた気温が上がるそうですので

お体気をつけて!

 

 

腰痛 肩こり 膝の痛み 五十肩 神経痛 関節痛 

脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 自律神経失調症 高血圧 

頭痛 慢性疲労 不眠 冷え性 骨盤の歪み(骨盤矯正) など

廣治療院独自の治療が効果を上げています!

 

廣治療院が明日のあなたの元気をお手伝い致します!!

お待ちしております!!