練馬区大泉学園町 整体 指圧マッサージ 廣治療院

廣治療院です!からだも こころも 元気に!

大泉学園町の廣治療院です すいとんに祈りを込めて

終戦の日だけでなく                  廣治療院のホームページはこちら!

年中すいとん                       http://hirochiryoin.webnode.jp

今日のお昼は すいとんでした

困難に耐えた時代のそれとは まったく別物なのだろうけど

やはり すいとんは 祈りの食べ物という気がする

いつでも 簡単にできることで重宝だし

とても美味しい現代のすいとんを ふーふー食べながら

いつか見た 野砲兵の連隊跡の石碑のある光景など 思い出して

 

日本は 戦争をしていた 

残されたもので わかることはほんのわずか

語り伝えてくれた 多くの 

時代を見届けた方たちも 亡くなってきていて

戦争は どこか遠い国のことのようになった

 

終戦記念日に すいとんを食べる

ということが けっこう浸透しているらしく 今年も八月には 巷に

すいとんレシピなども沢山溢れていて 驚いた

それはそれで 結構なことだとも思う

 

その時代 出汁もなく 糊のように薄い 

生き延びるためだけの食べ物であったはずのすいとんが 

出汁を取り 肉も野菜も入れて

ラーメンかうどんのように 現代に溶け込んで

いつでも食べられる お助けレシピになるのはいいことだ

 

すいとんは 小麦粉を水で溶いて  

出汁のなかに ぽとん ぽとん と 落として作る

カレースプーンでするのが 楽

もったりと固めによく混ぜて もっちりさせてもいいけれど

ぽとん と落ちる程度の種なら つるっと滑らかな口触りになる

(うどんのように捏ねる 本格的なものは すいとんとは また別物)

肉を煮た出汁に落として 浮いてから2~3分煮て

丼に取り出して 鍋の出汁に野菜を加え さっと煮て

汁ごと丼のすいとんにかける 葱をちらして お好みで七味か胡椒

歯切れのいいところで食べられるようにする

麺と一緒で のびないうちに頂く

 

食べること 生きること

食欲は 気力の元

風邪の引き始めは 食べて治すのが一番だし

毎食 なにをどう食べるか という日々の積み重ねが

10年後の健康を作り出す

口から入った物と 体の細胞とが 日々入れ替わって

いつも体は頑張ってくれているから

朝食抜きの方も 朝なにか少し食べると 

目も覚めてすっきりしますよ

 

どう生きるかは 食にも左右されてくると思う

偏った食生活は 必ずやどこかに弊害を及ぼす

バランスよく 腹八分目

これに尽きるようです

 

簡単 美味しい すいとんも 日々の献立に役立ててみては?

そして この国の不幸な時代を思い起こし

平和を祈り 心がけて暮らす

豊かな 物の溢れる時代だからこそ

本当の豊かさについて 考えてみる そういう時間を持つために・・・

なにより 美味しいです・・・!

 

秋の声 虫たち 寒くないかしら?

大泉学園町の虫合唱団 まだ元気!

 

今夜もしっかり食べて 暖かくしてお休み下さい

明日もお元気で!

 

廣治療院があなたの明日の元気をお手伝い致します!!

お待ちしております!!