読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

練馬区大泉学園町 整体 指圧マッサージ 廣治療院

廣治療院です!からだも こころも 元気に!

大泉学園町の廣治療院です 重い荷を下ろすとき その1

生きる

廣治療院のホームページはこちら!http://hirochiryoin.webnode.jp

 

 あの3.11から

それは また突然のメールでした

実家の姉からです

昨年の3.11に倒れ 入院加療後施設でリハビリ中だった母が

今度は 脳出血を起こした という内容でした

12月11日のことです

 

父は末期の胃癌で入院中

この緊急事態に 姉がまた一人で対応してくれている

と 気持ちは焦るばかりでしたが

年末近い慌しい時期に

すぐに駆けつけることもかなわず

わたしは次の連絡を待ちながら わたしがやらねばならない諸々をこなし

眠れない日々を過ごします

 

結局 実家に戻れたのは 30日

それまでの時間を どう過ごしたかまったく記憶がありません

ちゃんと食事をしていたのにもかかわらず 気がつくと 

体重も うっかり激減してしまっていました

 

気丈なまで元気に振舞う姉が 忙しい仕事を抜けて

駅まで迎えに来てくれました

そのまま父と母の病院へ行き 

食材などの買い物を済ませ家に帰り

そこから わたしの父母の見守りの生活が始まりました

 

 

一歩ずつでも進む

 8ヵ月振りの実家は 姉が多忙な中にも 片付けをしてくれて

居間や台所は きちんと整理されていたものの

父の使っていた部屋 父の寝室は 乱雑なまま放置されていました

入院前父は 自分の重い病気の現実を 見ない振りをして

ただ母のために施設に通い詰め 母の世話を焼き

体力の限りをすべて そこに注ぎ込みます

現実逃避のように一切の自分の持ち物の片付けを 頭から拒否していたのでしょう

それでなくとも 何もかもを自分の思い通りしなくては気がすまない性質で

誰に触らせることも 絶対にさせません 

わたしたち姉弟三人は 今まで どうにも手がつけられなかったのです

 

人は 何歳であろうが もう十分に生きたからこれでいい ということは

ないのかもしれません

少なくとも父は まだまだ100歳までも生きる というつもりででもあったかのようでした

8畳の部屋はいっぱいに 一生着つくせないほどの 

まだ新しい大量の衣類で 足の踏み場なく 埋め尽くされています

その光景は 見ただけで がっくりと免疫が落ちるような 壮絶なものでした

 

実際に 若いときから父は あり余る体力と健康の持ち主でした

それらを過信し 自分の好むままの食生活や 毎日の大量飲酒を

長年に亘って続けてしまったことも

胃癌の原因の一つと思われました

 

しかし あるときを境に飲酒喫煙をぴたりと止め

節制する父に わたしたち子供は 驚きました

僅かな戸惑いの中 少しだけ父を見なおしたものです

 

全ての出来得る治療を終えて 

療養のための病院に転院していた父は

外から入る沢山の 自分の病に関する情報を心の中で反芻しながらも 

やがては 現実とはおよそかけ離れた 楽天的なものに変換してしまう

そして それに反することを言う者には この世でただ一人の敵のように

立腹し 徹底的に排除しようとする 

というむずかしい段階にありました

 

そして その敵とは どうやらわたし一人に 的がしぼられたようでした

会話はすぐに わたしへの批判へと変わります

こちらからはあえて何も言葉を返さず きわめて冷静に

ただ黙って聞いてあげることだけが 

父のこの現実への不満や怒りを

父の代わりに飲み込んでやることになるのだ と自分に言い聞かせ

一日一日 繰り返し繰り返し 

すべてを受け止めるべく ひたすら根気強く聞いてあげる

そんな日々が始まりました

 

 

 

 

 

     今日は久しぶりに ほっとするような陽気の

     暖かい一日になりました

     春はもうすぐですね 待ち遠しい・・・!

 

     お散歩も気持ちがいい季節になります

     皆様も 春に向かって体調を万全に

     活動的にお過ごしになれますように!

     

     週末 楽しいことがあるといいですね!

 

 

腰痛 肩こり 膝の痛み 五十肩 神経痛 関節痛 

脊椎狭窄症 椎間板ヘルニア 自律神経失調症 高血圧 

頭痛 慢性疲労 不眠 冷え性 骨盤の歪み(骨盤矯正)など 

廣治療院独自の治療が効果を上げています!

 

廣治療院があなたの明日の元気をお手伝い致します!!

お待ちしております!!