読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

練馬区大泉学園町 整体 指圧マッサージ 廣治療院

廣治療院です!からだも こころも 元気に!

大泉学園町の廣治療院です 重い荷を下ろすとき その4

生きる

廣治療院のホームページはこちら!http://hirochiryoin.webnode.jp

 

歌を歌って

癌患者の中の ほんの数%の患者たちは

激しい痛みがないまま 終末期をむかえるといいます

父は その幸運な数%の患者のうちの 一人でした

強い薬や 痛み止めとして麻薬を処方されることなく

もうすぐやって来る 最後の日にむかって

小さな小石を積み上げるかのように 

たどたどしくも しっかりと 

一日一日を 大切に つなげていました

 

父の看取りにあたっては わたしは毎日そばにはいましたが

主治医の院長の話を聞くのは 

これまで ずっと世話をしてくれていた 姉か 長男である弟の役目です

けれど ここのところ 二人とも多忙で 

特に弟は東京で息子の受験があり 都合がつかず

その日 わたしは一人 

院長に呼ばれました

 

院長と看護師さん わたしとで

父の耳に入らないように 病室をそっと抜け出し

向かいにある 機能訓練室に入ると 

ごく小さな声で 院長が切り出しました

 

それは 

もう点滴を外して お楽になってもらってはどうか

という 相談でした

 

すでに点滴は 医療行為としても 寿命に何の影響も与えないどころか

腎機能の低下から 浮腫みを増し むしろ苦しみを与えてしまう段階に来ていること

さらに 利尿剤を注射で投与しても 十分な尿量が得られないこと

申し訳なさそうに やさしく 院長が説明して下さいます

 

「点滴を外して下さい」

わたしは 一人で すぐにそう決断し 

院長に点滴を外してもらうよう お願いしました

 

父の呼吸は このところとても苦しそうで 

眠っている時も 個室の病室に ただ荒い呼吸音だけが響いていたのです

それがひどい浮腫みのせいであることも わたしはわかっていました

 

「これからは 酸素吸入だけで ゆっくりお眠りいただいて

 静かにそばにいて差し上げて下さい

 非現実的な言葉があるかもしれませんが 否定せず

 すべてを受け止めてさしあげて下さい」

 

わたしは 病室で歌を歌ってもいいか 

院長に尋ねました

「もちろん いいですよ!

 お好きな歌を、沢山歌ってあげて下さい!」

 

わたしたち三人は 最後は笑顔で

一緒に頑張りましょう! と言って病室に戻りました

 

父の点滴は外され 

すぐに父は 

いかにも楽そうに息をつき

すやすやと また眠ってしまいました

 

浮腫みは まるで元通りに 体が太ったかのように

全身に水分を ぱんぱんにたくわえていました

白いグローブのように 腫れた手を握りながら

朦朧とした父に 

「なにが聴きたい?」

用意した曲名を 次々と読み上げます

 

「そうだ!讃美歌もあるんだよ、懐かしいでしょう!」

 

父とわたしは 学生時代 プロテスタントキリスト教教育を受けていました

讃美歌は 歌が得意な父には わたし以上に

きっと多くの思い出があることでしょう

終わりのそのときに近く 讃美歌はどうなのか 

と考えもしました

しかし同時に 讃美歌は

若き青春の時代 輝かしい未来を夢見て 

明るく希望に満ち満ちて 歌った歌でもあるはずでした

 

「讃美歌!」

驚くほどの力強い声で 父が答えました

 

わたしが 繰り返し何度も讃美歌を歌うあいだ

父は何度も何度も わたしが歌っていることを

誰かに教えるかのように つぶやいています

 

歌を歌っているよ!

歌を歌っているよ!

 

嬉しそうに眼を細めて 

 

おそらく 離れて入院する母に向けられた言葉であること 

わたしの胸は熱く しめつけられました

 

命を燃やす

ただ一人の孫息子は 見事中学受験に合格してくれました

弟が父の世話のため実家に来てくれていて 家を留守にしている間も

しっかりと努力を積み重ねてくれた その結果なのですから

父の喜びは ひとしおです

 

「よくやった。たいしたもんだ!」

 

けれどその喜びも 父の病の勢いを 食い止めることはできません

残酷な現実ですが 

父もわたしも もう決して絶望はしませんでした

それどころか

残りわずかとなって 

ますます命は 輝いてくるような気さえしました

一日 一日 命という灯りを燃やすように 

父は懸命に生きていたのです

 

父は さらに尿量も減り 

心電呼吸モニターで24時間の見守りとなり

わたしは夜も泊り込むことにしました

 

院長のお話して下さった日にちよりも 

残りの時間は少ないような気がしてなりません

三月中は予定が立たず来れない弟に 

もしかしたら 数日持たないのではないか

と 告げます

 

なるべく早く なにを置いても こちらに来てほしい

わたしの独断です

 

今 たった一つの 父の生きる希望は

弟と孫息子に会うことです

会って 合格おめでとう と伝えることです

 

(今 会いたい・・・)

 

これは 口には出せなくても  

ずっとそばにいた わたしに

父が全身全霊で 伝えてよこした 

本当に最後の 

一すじの希望であり 

願いであったのです

 

 

 

      寒い寒い一日でした!

      明日はもっと気温が下がるそうです・・・

      しっかり着込んで 温かいものを召し上がって

      なんとか 春に向かって 

      元気にまいりましょう!!

       

      明日もお元気で!!

 

 

腰痛 肩こり 膝の痛み 五十肩 神経痛 関節痛 

脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 自律神経失調症 高血圧 

頭痛 慢性疲労 不眠 冷え性 骨盤の歪み(骨盤矯正)など 

廣治療院独自の治療が効果を上げています!

 

廣治療院があなたの明日の元気をお手伝い致します!!

お待ちしております!!