読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

練馬区大泉学園町 整体 指圧マッサージ 廣治療院

廣治療院です!からだも こころも 元気に!

大泉学園町の廣治療院です 来たのかな?心技体

大相撲

廣治療院のホームページはこちら!http://hirochiryoin.webnode.jp/

f:id:hiro-chiryo-in:20160522132734j:plain

 

夢を託された人

大相撲名古屋場所 今日は14日目

綱取り目指す大関稀勢の里は ここまで勝ち星12

稀勢の里に土をつけたのは 5日目の栃煌山 10日目の松鳳山

そして 昨日の横綱日馬富士

 

綱取りの行方だとか 稀勢の里の精神だとか言う前に

重圧と緊張の続くなかで 一日一番 

必死に相撲を取ってくれた稀勢の里

残り明日一日 しっかり自分の相撲を取れるように

そして 悔いのない15日間を 怪我もなく終えてほしい

そう願っています

 

 今までの稀勢の里だったら 

5日目の栃煌山戦で敗れた時に なし崩しに心が乱れて連敗してしまったかもしれないところ

なんとか踏んばって立て直すも 10日目に松鳳山に変化をされてしまいます

それでも 例の微笑みと共に いつもの一日一番に集中しようと懸命な姿に

またまた一喜一憂の日々

 

この大関稀勢の里という人の 運命というのか 宿命というのか

横綱に必ずなれる力士である と早くから太鼓判を押され

その期待は周囲でどんどんふくらんで 

ただ一人その重圧に耐えながら頑張ってきたのだと思います 

振り返って考えてみると よくぞここまで持ちこたえてきたものだな と思うほど・・・

 

大関になることだって 並大抵な努力ではなれないし 

当然 生まれ持った資質も備わっていなければなれない地位なのだし

 

大関昇進の段階で 良かった良かった と 十分褒められて然り

そういう立場で済まなかった稀勢の里

強い時は強過ぎるほど うま過ぎるほど その力を見せつけ

弱い時は 自分の形を作る間もなく あっけなく土がつく

 

精神が安定しない 慌てて取りこぼす 

自分十分になれない

まわりはみんな どうにかならないものかと気をもんで

綱取りに期限までつけて 励ましたり 喜んだり 意気消沈したり

 

一番苦しんできたのは稀勢の里自身

あの微笑みは 自ら考え出した秘策だとか

 

期待と重圧 過ぎたる緊張のなかに長年さらされて 

真面目で 強く優しい 不器用な稀勢の里

いつも稽古十分で体を維持して 怪我のないよう万全を期し

親方や部屋 家族 応援してくれる人々のために 

一生懸命に相撲に精進してきたのでしょう

 

先場所からは 稀勢の里が変わった という評価が加わった

脆い心は封印できたかのように見えた

自身 気持ちが楽になった と語っていた

土俵の上 力士としてだけではなく

自分はこうでありたい という自分自身に対してのイメージがかたまってきたのかな と

土俵下で静かに微笑む稀勢の里を見ていて感じた

 

人一倍 心穏やかに 心に平和を求める人なのだろう と思う

それなのに いやそうだからこそ

小さい不安が気になって 心に波風の立ちやすい性分なのか

 

求められた 心技体 の本当の意味

単に 戦い 勝負だけではない大相撲の世界

日本柔道にも通ずる 

柔能く剛を制す

それを昨日 鮮やかにやってのけたのは 対戦相手の日馬富士だった

 

相撲ファンの夢を託された稀勢の里が 腰高のまま息を吸ったその瞬間をついた

軽量で俊敏な日馬富士の 頭脳的速攻相撲はいつもながら見事だった

茫然自失の稀勢の里 

盛り上がっていた会場内は一気に 落胆の空気に変わっってゆく

 

品格は人柄

横綱の品格問題が取り沙汰されるようになっってから

もうかなり時間が経っているけれど

品格という表現は なにかよそよそしく冷たい感じがする

 

今場所は 若手の成長が著しい

苦節十何年で ようやく幕内に上がった小兵力士もいる

百年に一人の逸材 と言われた遠藤関は 体調不良をおして土俵に上がり続け

脚に力が入らないながらも 決してあきらめることなく

大相撲の常識 手はつかず顔から土俵に落ちる を

ごく当たり前のように実践してみせた

 

瞼を切り 縫った後も土俵に上がり続けた嘉風関は

インタビューで 大変でしたね と同情され 

こう答えた

「いえ 相撲を取れるだけでしあわせですから」

 

人柄のよい人たちには 自然に応援の声が上がる

勝負に関係なく拍手が送られる

心閉ざして自分の世界に閉じこもっていては 見ることのない世界を見ることができ

そこからまた さらなる成長を遂げることができるのだろう

何が大切で必要か 何が無駄なのかが見えてくる

そういうよいものを呼び寄せる 一途な心 素直さ

そのよい人柄が 人生をよりゆたかに研ぎ澄ましてくれるのだろう

嘉風関だけでなく 宝富士関 御岳海関 などなど

よい人柄を全身から感じさせてくれるお相撲さんは沢山いる

大相撲力士の皆さんは誰もが 一日一番

今日を限りと力を尽くす 

 

見ていて怖いかち上げや 不思議な手かざしのようなねこだまし

体も本調子ではない横綱白鵬には やはり心が痛みます

体の衰えと追いかける記録のはざま つらい立場がわかります

大好きな立派な横綱です

早く 以前の心優しい白鵬にもどってほしい

 

遠くモンゴルから日本にやって来て

日本人力士の出来なかった偉業を 次々と成し遂げた横綱白鵬

相撲道を勉強して 大相撲や相撲の普及のために尽力してきた横綱白鵬

とかく モンゴル人だとか 日本人だとかという言われ方をしたり

苦難は多くあるのでしょうが 耐えて頑張ってくれた横綱白鵬

相撲ファンならみんな

ここまで日本の大相撲を支えてきてくれた横綱を 

尊敬し 感謝し応援しているでしょう

と同時に 横綱にあの荒技をもって勝利を得ることを 誰も望んではいないはずです・・・

 

明日一日

辛い稽古を積んで この一場所に懸ける気持ちは 

稀勢の里だけに限らず 誰もが同じでしょう

 

横綱日馬富士の言葉を借りるなら 

楽しんで一生懸命力を尽くすこと ができるように

追いつめられて 敗れたらここで終わりではなく

得るものの大きい名古屋場所であるように 

苦しみが力になって 

辛抱を積み重ねて来たたことが 今こそ心身の強さとなり 

心からの笑みが稀勢の里の顔を輝かせるように

と祈っています

 

 

腰痛 肩こり 膝の痛み 五十肩 神経痛 関節痛 

脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 自律神経失調症 高血圧 

頭痛 慢性疲労 不眠 冷え性 骨盤の歪み(骨盤矯正)など

廣治療院独自の治療が効果を上げています!

 

廣治療院があなたの明日の元気をお手伝い致します!

お待ちしております!