読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

練馬区大泉学園町 整体 指圧マッサージ 廣治療院

廣治療院です!からだも こころも 元気に!

大泉学園町の廣治療院です 平和をつないで

生きる 食べる

廣治療院のホームページはこちら!http://hirochiryoin.webnode.jp/

f:id:hiro-chiryo-in:20160522132734j:plain

8月が来ると

暑い暑い日が続いています

皆様お元気でお過ごしですか

練馬のはじっこ 大泉学園町はすでに

一息ごと 呼吸も熱い 

これも 毎年のこと

 

でもうっかり熱中症 というのだけは避けたいので

ご飯 水分 休憩 お風呂 睡眠

今日一日 暑さに負けず頑張った自分を褒めてあげて・・・

明日は明日

ゆっくり休みましょう

皆様も くれぐれも無理をなさらずに!

 

オバマ大統領が5月に広島を訪れました

戦争が終わって71年 

また8月6日が来ました

 

5月に ちょうど 

井伏鱒二の『黒い雨』を読み返していました

 

語り継いで下さる多くの方たちにも 

71年の歳月が流れました

文学に残された原爆の広島

瀕死状態の患者は それぞれに

淋しい 淋しい・・・と言って 

見知らぬ小母さんに膝枕をさせてもらい 死んでいった

 

原爆の黒い雨にうたれ 原爆病となった姪を案じて

自分も被爆し傷を負いながら

気力を失わせてはいけない

必ず生きるという自信を持たせなくてはいけない

と決心する主人公

 

向こうの山に虹が出たら奇蹟が起る

白い虹でなくて 五彩の虹が出たら

姪の病気が治るんだ と

かなわぬとわかっていても

そう占う主人公の言葉で 物語は終わります

 

あの日の広島も

今日のように 暑く晴れた日であったのでしょうか

実験的な原爆の投下

時勢に飲み込まれ 標的となった広島 そして長崎

突然に奪われた尊い命が 

決して忘れ去られることなく

どこまでも平和を問いかけ その実現へと

わたしたちを導いてくれるよう祈って この8月を 

そして これからも過ごしてゆきます

 

日本人の力

戦前の日本人は 一日に4合以上のお米を食べていたそうです

副食が今のように 高たんぱく高カロリー高脂質ではなかったので

4合は少ないほうであったらしく

宮沢賢治の詩のなかにも

一日四合の玄米と・・・

と それが質素な生活として表現されています

 

戦時中は教科書に載っていたこの詩の 四合というところを 

当時の配給にならって 三合と書き換えさせたといいますので

国全体が軍と化した 時代の恐ろしさがそこにも垣間見えます

 

最初は当たり前の米が配給され 一日量は一人当たり三合ほどで

それが米麦となり 大豆となり

やがては外米 因果な大豆のしぼり滓(かす)

と 細かく小説『黒い雨』のなかに書かれています

 

物のない時代に さまざまな工夫をこらして

命をつなぐため 必死に食べ物を調達 調理し食べ続けた

たくましい日本人の姿

 

現代では 糖質は制限されるべきものの一つであり

お米を一日に4合食べる生活をして なおかつ健康でいるためには

どれほど肉体を酷使しなくてはいけないか

 

そう考えると 当時の日本の交通事情や

労働環境の苛酷さがわかってきます

戦前の日本人の平均寿命は50歳に満たなかったそうですし

戦後しばらくは物資が乏しく 国民は栄養失調状態で 

結核などの感染症で命を落とす人も多く

人生50年の時代がありました

 

年々お米の消費量は減り続けているのに

糖尿病など生活習慣病のの罹患率は上がって 肥満の人も増えている

一概にお米だけを悪者にはできません

お米は 白米でも小麦粉より栄養的に優れた点が多く

炊いたお米の半分は水ですし その水分を腸まで届けてくれますので

夏に体が水分不足にならないためには 大変良い主食となります

 

一日4合は無理でも 野菜や低脂肪の蛋白質とお米 という

日本人を支え 力となって来てくれた日本のご飯を

これからも食べ続けていきたい

この日本から 水田が消え 

おいしいお米が消えてしまわないように・・・

 

平和とは

今はまだ遠いかもしれないあなたからの

ありがとうが 

わたしを励まし

それをまた 誰かにつなげてゆくことができること

 

あの日 

極めて まん(間 運)が悪い と

むごたらしい現実を受け入れるしかなかった広島の人たちが

今日の平和と幸福をつくり上げたように

決してあきらめず 希望を抱いて生きること

 

明日を信じて

 

 

まだまだ暑い日が続きます

睡眠不足が 思わぬ事故や怪我につながります

ご自分に合った しっかり眠れる工夫をして 体調にお気をつけ下さい

喉が渇いたと感じる前に 少しずつ水分の補給をして

お休みのときは 枕元にもお水をご用意下さい

 

どうぞ よい週末を!

 

 

腰痛 肩こり 膝の痛み 五十肩 神経痛 関節痛

脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 自律神経失調症 高血圧 

頭痛 慢性疲労 不眠 冷え性 骨盤の歪み(骨盤矯正)など

廣治療院独自の治療が効果を上げています!

 

廣治療院があなたの明日の元気をお手伝い致します!

お待ちしております!