読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

練馬区大泉学園町 整体 指圧マッサージ 廣治療院

廣治療院です!からだも こころも 元気に!

大泉学園町の廣治療院です 優しい嘘

こころ からだ

廣治療院のホームページはこちら!http://hirochiryoin.webnode.jp/

f:id:hiro-chiryo-in:20160522132734j:plain

いつまでもお母ちゃん

お母ちゃん 

ママ 

ばあちゃん

 

これはみんな わたしの母のこと

姉 わたし 弟で 

呼び方が みんな違う

 

どうやら初めは お母ちゃんだったらしい

記憶にはなく 

わたしや弟は いつしか ママと呼んでいた

 

姉だけは ずっとずっと 最初から 

今でも 

お母ちゃん

 

不思議だけど

 

お母ちゃん

なんか・・・

かわいいのです

 

弟だけは一人息子が授かって 

そこから ばあちゃんに

 

母が倒れ 父の病も発覚し

姉弟三人が集まって 闘病の経過を見守った時

父母は実は おじいちゃん おばあちゃんなのだ 

と 気づいた

 

それまでずっと親不孝 姉弟不孝(?)で 

頻繁に実家に帰ることも ままならなかったわたしは

その時に初めて そう実感した

 

そこで

 

いつもの パパ ママ 

ではなく

恐る恐る・・・

おじいちゃん(!) おばあちゃん(!) と 呼んでみた

 

子供に帰ってゆくかのような老親を

初めて おじいちゃん おばあちゃん と呼んだ

 

どこか曖昧になる 古い記憶をひも解いては

思い出を語ってくれる 「おじいちゃん」パパと

もしかしたら 

これが最後となるかもしれない 

ささやかな団欒を必死に 一日一日つないでいた

 

やっぱり どうしたって わたしには 

おじいちゃん おばあちゃん は無理だった

 

初めから ずっと いつまでも 

お父ちゃん お母ちゃんと呼ぶ

姉は正しい!

そう呼ばれた父や母の顔は

たちまち 生き生きと輝くから

 

わたしも やっぱり いつもどおりに

パパ ママ を連呼した

何度も何度も しつこいくらいに

パパ ママ と呼んだ

 

猫は大っ嫌い

父とわたしは 猫を拾ったり 貰って来たりして

そのくせ いざ飼い始めると

世話は今ひとつ身が入らない という駄目人間だった

家猫の世話は ほとんど母がしてくれた

 

でも 事あるごとに母は

「猫は大っ嫌い!」

と 父とわたしに言うのだった

 

それでも いそいそと猫にご飯をやり 

猫の隣に寝転んで 一緒にうたた寝して

時々は 台所のすみでこっそりと 

猫に話しかけている母を見る度に

(大っ嫌いなのに面倒をみてくれて なんて偉いんだろう!)

 猫は大っ嫌い!を聞くたびに

感謝感激の 

お気楽で いい気なわたしだった

 

本当は 母は猫が大好きで

子供の頃は いつもふところに猫を抱っこしている女の子だった

って 

いつか 倒れる前の年だったろうか

照れ臭そうに おしえてくれたっけ・・・

 

思えば

母は嘘つきだった

子供三人に言うことが 三通り は標準

でも いつも 

「みんな おんなじに育てた」

というのが口癖

 

さくらんぼも ケーキも 

うなぎも 牛肉も いつも

「嫌いだから」 と

わたしたちに分けてくれた

 

本当は大好きだったって 父が言ってた

 

母の嘘は 

いつも 優しい嘘だった

猫は これ以上 父やわたしが

いたずらに猫を拾って来たりしないように

そして 

食べ盛りの子供たちに 

おいしいものを沢山 気兼ねなく食べさせるために

 

反面教師的な嘘や 戒めのような嘘

母なりの考えがあってのことだったんだろう

 

今 母はもう 嘘をついたりしない

傍にいてくれる姉を頼りに 

子供のように純粋に 一日を生きている

お世話になっている方たちに 感謝しながら

 

母の言葉は わたしにとって

すべて真実であったし 

すべて愛情だった

わたしがわたしになったのは 

そんな母あってのこと

 

家族を どんな時も ひたすら支えてくれ 

静かに見守ってくれていた母の 

どこまでも耐える強い心を

一生忘れてはならないのだ

そして

ただ一人で 母の面倒をみてくれている姉に

いつか必ず 

母に出来ない分の 

恩返しが出来る自分になるのが 

これからのわたしの目標

 

病にある母

リハビリを頑張れば良くなって 家に帰れるよ と

つい励ましてしまったという姉が 言ってから後悔した と聞いて

そんなことないよ!

と思った

治る 良くなる の意味

 

たとえば 

変形性膝関節症の場合

変形してしまった膝関節そのものは 

そこから変形前の状態に治ることはないけれど

治療によって痛みを軽くして 楽に歩けるようになってもらうことはできる

さらに 歩くことで膝の回りの筋肉も鍛えられ

日常生活に不自由ないようにまで 回復してもらうように治療はできるから

 

これを 治る という

希望にして頂きたいと思うのです

 

母にも 希望をもって

今日を生きてほしい

その大きな手助けをしてくれている姉に

心から 感謝しています

 

 

むしむし暑い一日

大泉学園町は もうすっかり夕闇に包まれ

虫の声が響きます

明日は雨 気温が下がるそうです

体調には 十分お気をつけて!

 

 

腰痛 肩こり 膝の痛み 五十肩 神経痛 関節痛

脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 自律神経失調症 高血圧 

頭痛 慢性疲労 不眠 冷え性 骨盤の歪み(骨盤矯正)など

廣治療院独自の治療が効果を上げています!

 

廣治療院があなたの明日の元気をお手伝い致します!

お待ちしております!