読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

練馬区大泉学園町 整体 指圧マッサージ 廣治療院

廣治療院です!からだも こころも 元気に!

手術しないで治った その4 足首の痛み 変形性足関節症

治療

廣治療院のホームページはこちら!http://hirochiryoin.webnode.jp/

f:id:hiro-chiryo-in:20160522132734j:plain

廣治療院の関節調整治療で足首の痛みが治った症例

    変形性足関節症のM様(男性 50代)

工事関係のお仕事をされているM様は 数年前 現場の作業中 右足首を骨折した後

骨折は治癒したものの 痛みはとれず調子が悪かったそうですが お仕事が忙しく

足首に負担がかかると思いながら 頑張っておられたそうです

半年ほど前 右足首に強い痛みがでて仕事をするのが大変な状態になったので

整形外科を受診 

レントゲン検査で 右足首の軟骨がほとんどなくなった変形性足関節症と診断されました

整形外科で 消炎鎮痛剤 リハビリで温熱療法 マッサージなどしてもらい

仕事の時に装着する 足首の装具を作ってもらったりして 通院をしていましたが

数ヵ月経過しても痛みか改善せず 

医師より 足首の関節に骨を移植する手術を受けたらどうか とすすめられたそうです

 

M様は 手術は嫌なのは勿論 仕事が忙しく休める状態ではなかったため

他の整形外科や整体 鍼灸マッサージ 指圧など いろいろなところを受診して

なんとか治したいと治療を受けていたそうですが 痛みは改善せず 

たまたま話を聞いていた 職場の取引先の方が 廣治療院をご紹介くださり来院されました

 

M様が持参されたレントゲン写真をみせてもらったところ

踵骨と距骨の間の軟骨が全くなくなって 隙間がなく くっついていました

踵骨とは かかとの骨で 距骨はそのかかとの骨の上にのっている骨です

足関節を構成する関節の一部であり ここに本来あるはずの軟骨がなくなって

すっかりくっついている状態でした

足首は全体的に腫れていて 足に体重がかかると非常に痛がっておられました

整形外科で作った装具なしには 仕事も日常生活も まともにできないということでした

 

廣治療院の関節調整治療は 関節の隙間がわずかでも残っている状態から

その隙間をひろげてやり また関節のずれも調整して

痛みをとっていく治療です

M様のように まったく関節の隙間がない状態から隙間をひろげて 

関節のずれを調整していくということは 前例がなかったので 

関節調整治療で どの程度の効果が上がるかは はっきりとは予測できないということを

M様にお伝えしたところ それでもかまわないので治療をしてほしいということで

さっそく M様の右足首の関節調整治療を開始しました

(治療は 右足首 30分 料金 3,000円 

 温熱治療 押圧振動マッサージ器による足のマッサージ 10分 無料

 

馬油をすりこみながら 足首の腱 筋肉を 整体指圧マッサージで徹底的にほぐし

ほぐれたところで 関節調整治療を行ったところ 

足首の関節が 治療を始める前のロックされた感じから 

少し動き始めてきた感覚が 手技をする手に伝わってきました

 

一回目の治療後

VAS 10⇒6 痛みは やや軽減

         足首は軽くなった 装具なしでも歩けそうな感じ とのこと

「どこに行っても治らなくて ずっとつらかったから 正直ダメもとでやってもらったんだけど

 かなりいい感じです これ(装具)なくてもいけるかな?って感じです」

と 効果に驚いて 大変喜んでいらっしゃいました

 

一週間後 二回目の治療 

前回の治療後 痛みはひどくならず 治療の効果を維持できていたので

仕事も楽で 助かった とご報告いただきました

二回目の治療後

VAS 10⇒4 痛み かなり改善

         このくらいなら装具なしで大丈夫そうだが予防のために使用する とのこと

一回目の治療で効果が持続しているため 今回も同様に治療

関節調整治療により 関節は 前回よりさらに動きが増している感触が確認できました

 

さらに一週間後 三回目の治療

今回も同様の治療をいたしました

装具は普段の生活では必要なくなり 仕事の時は負担がかからないように

念のために使用している とのことでした 痛みはひどくならず安定しており

右足首に体重がかかっても ほとんど痛みがなく 歩く時の痛みがかなり改善されました

 

さらに一週間後 四回目の治療

全体的に腫れていた右足首が 腫れが引いてすっきりとしてきて 

外くるぶしの形が くっきりわかるようになってきました

痛みも 日常的にも仕事の時も 気にならない程度まで改善しましたので

以降 二週に一回の治療にすることにしました

 

五回目の治療後

M様ご本人の感じとして 足首の可動域がひろがって動かしやすくなった

足首が疲れなくなった気がする とのことでした

ここまでの治療ごとに 痛みが改善していくのと同時に 可動域がひろがったり

疲労がたまりにくくなって かなり症状が安定しておられるので 

ここからは四週に一回の治療で 様子を見ていくことをご提案し 

現在は四週に一回のメンテナンスとして 治療を継続せていただいております 

仕事中は予期せぬ動きなどで 再負傷することを避けるため 

お使いだった装具は 引き続き使用するようにお願いしました

 

今回のM様の関節調整治療は まったく関節の隙間がなくなったケースに

効果が上がった症例ですが どうしても手術が必要となる場合もあります

関節調整治療は すべてのケースにおいて手術が回避できるという

万能な治療ではありません

 

けれど 今回のM様のように 関節の隙間がまったくなくなるくらい変形がすすんでいても

関節調整治療により 症状が改善し 手術を回避できた例もあります

もし手術をすすめられて お悩みでしたら 

一度廣治療院にご相談いただきたいと思います

 

 

 

二月も今日で終わり

明日から三月

春です!

まだまだ朝晩は寒いですので

お風邪を引かないよう

お気をつけください!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

腰痛 肩こり 膝の痛み 五十肩 神経痛 関節痛

脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 自律神経失調症 高血圧 

頭痛 慢性疲労 不眠 冷え性 骨盤の歪み(骨盤矯正)など

廣治療院独自の治療が効果を上げています!

 

廣治療院があなたの明日の元気をお手伝い致します!

お待ちしております!