読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

練馬区大泉学園町 整体 指圧マッサージ 廣治療院

廣治療院です!からだも こころも 元気に!

サーチュイン遺伝子が困ってる?

廣治療院のホームページはこちら!http://hirochiryoin.webnode.jp/

f:id:hiro-chiryo-in:20160522132734j:plain

体重を量らないと

朝晩が とにかく寒いですね

風が吹いてると ますます寒い

お風邪は大丈夫でしょうか?

 

体重は量らない と開きなおって(?)から

かなりの時間が経過して

なんやかやと食べ過ぎていて 顔がだらしなくなってきました

 

やっぱり 食べ過ぎ カロリーオーバーは

サーチュイン遺伝子の活性化を妨げるとみえて

なんというのか 顔のお肉が下がってきて 

鏡を見るたび おばさん度がアップしております

仕方ないか とますます開きなおるのか

ちょっとは我慢して 食べ過ぎをセーブするのか

すべては自己責任

しっかりしなくては・・・

 

体重は 毎日量るだけで きっとそれなりに体重の管理ができる

と言っていいでしょうね

(ちゃんとしてないいい加減な自分を 棚に上げての結論ですが)

皆さまは 体重を量って 健康管理をしっかりなさってください

 

サーチュイン遺伝子活性化

抗老化の働きをしてくれる サーチュイン遺伝子が注目を集めたのは

かなり前ですが 赤ワインに含まれるポリフェノールがいいとかで

赤ワインを飲み始める人が増えたり ブームになりました

 

マウスの実験で効果が確認できた量を 人間に置き換えると

赤ワインは一日に100本以上飲まないと効果なし だとか

 

サーチュイン遺伝子が活性化するのは 

飢餓状態とか カロリー制限をつづけた時だそうで

じゃあ 飢餓でもなく カロリー制限もしていなかったから

顔がおばさん化してるのは 自前の老化でしたね

 

適正体重内で 飢餓状態を作るには 多分朝ご飯を抜く とか

晩ご飯を食べない とか 断食とか そういうことになると思うのですが

内臓にかかる負担も大変そうですし 健康的ではないので

カロリー制限の方が 現実的

でも 食事の全体量が減って 栄養不足になったら 骨量が減ったり

貧血になったりしたら これもまた不健康

 

まあ 食べ過ぎは老化を促進する ということだけは確かだと思うので

食べ過ぎ カロリーの摂り過ぎで生活習慣病にならないよう

ちょっとここのところの食べ過ぎ 反省して 明日から ちゃんとします

マウスの実験では サーチュイン遺伝子の一種を欠損させたマウスで

記憶障害が起きたという報告があるようで

ちょっと足りない すぐお腹が空くくらいの 腹八分目を目指して

せいぜいサーチュイン遺伝子活性化を図りたい と考えております

 

 

3月中旬になろうかというのに

寒いですね

明日はもう金曜日

寒さもあとすこし

元気だしてまいりましょう!

 

 

腰痛 肩こり 膝の痛み 五十肩 神経痛 関節痛

脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 自律神経失調症 高血圧 

頭痛 慢性疲労 不眠 冷え性 骨盤の歪み(骨盤矯正)など

廣治療院独自の治療が効果を上げています!

 

廣治療院があなたの明日の元気をお手伝い致します!

お待ちしております!