読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

練馬区大泉学園町 整体 指圧マッサージ 廣治療院

廣治療院です!からだも こころも 元気に!

食品添加物のこと

廣治療院のホームページはこちら!http://hirochiryoin.webnode.jp/

f:id:hiro-chiryo-in:20160522132734j:plain

食品添加物とアレルギー

雨は朝のうちに止みましたが 強風が吹き荒れた大泉学園町

ようやく落ち着いてきました

この風で せっかく満開の桜が散ってしまうみたいです

毎年のこととはいえ 桜の花はせつないくらいのはかなさです

 

普段の食事は 自分で手をかけて作るのが基本で

このスタートは 母のまめな手作りの家庭料理のおかげもありますが

アレルギー体質のせいで ある食品に対して

激しい食物アレルギーまではいかないけれど 蕁麻疹や痒みなど

アレルギー症状が出るようになったことも きっかけになっています

 

加工食品をなるべく避けること レトルトや出来合いのものを避けること

食品添加物の入っていない もしくは なるべく少ないものを選ぶ

というやり方で 今はアレルギーもおさまっています

 

アレルギー症状は 花粉症などと同じで ある日突然きます

そして 食品の場合は 特定するのがむずかしかったりするので

普段から 体に過剰に食品添加物を取り込まないことが大事だと思います

 

なるべく偏りなく食べる

とはいっても 完全にゼロにして生活できるということは ありえません

食品は なるべく品目を多く 偏ることなく摂っていくことが

アレルギーを遠ざける一番の方法です

 

ハムやかまぼこのような加工食品ばかり食べる とか

レトルトで手軽に調味できるものを多用する とか パンばかり食べるとか

とにかく 偏りのないように いろいろなものを食べるように気をつけるだけで

食品添加物の量を減らすことができます

 

排泄という意味で 水分や食物繊維を多く取ることも大事です

水分を ペットボトルのお茶だけにしてしまうと

酸化防止剤として添加されている ビタミンCを過剰に摂ることになります

室内にいるときにはポットのお湯で ティーバッグなどにするだけで 

その分をカットできます

 

皮膚アレルギー症状がおきてしまったら 皮膚科で診断してもらうのも大切ですが

食事の偏りはなかったか 見直す時期に来たと考えて

普段の食生活を 一度総ざらいしてみましょう

食事日記をつけてみるのもいいかもしれません

かんたんなものを手作りして 

アレルギー体質を呼び込まない食生活を心がけたいものです

 

 

風がおさまり しずかな夕方

明日は土曜日

プレミアムフライデーって?

そうじゃない皆さまも

どうぞ 優雅な週末をお過ごしください!

 

 

腰痛 肩こり 膝の痛み 五十肩 神経痛 関節痛

脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 自律神経失調症 高血圧 

頭痛 慢性疲労 不眠 冷え性 骨盤の歪み(骨盤矯正)など

廣治療院独自の治療が効果を上げています!

 

廣治療院があなたの明日の元気をお手伝い致します!

お待ちしております!